買い物かご
買い物かごは空です
数量:
小計
消費税
送料
合計金額
PayPalでのお支払いを完了できませんでしたこちらをクリックしてもう一度お試しください
ご注文を承りましたご注文いただき、誠にありがとうございます。後ほどPayPalからお支払い完了のお知らせが届きますのでご確認ください。買い物かごを閉じる

定休日 日・月

令和4年 明けましておめでとうございます


昨年も前年に引き続きコロナ関連の影響も大きく

お客様には時短営業や休業によりご迷惑をおかけしましたことを

まずは改めてお詫び申し上げます。

誠に申し訳ございませんでした。

そして、そのような状況の中でも変わらずにご来店、また温かい励ましや応援、ご心配くださった皆様に心より御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

今年最初の営業日はお陰様で満員御礼、幸先の良いスタートを切ることができました。

美味しい料理やお酒と共にのんびりする時間、気の合う人との語らいで心身の疲れを癒し明日への活力を養える、そんな居酒屋を必要としている方もたくさんいらっしゃる。


さまざまな制約の中にあって改めてその思いを強くした一年でもありました。

まだまだ気を緩めるわけには参りませんが、引き続きできる限りの対策を講じた上で、お客様に少しでも安心して楽しいひとときをお過ごしいただけるよう

今年も精一杯努めて参りたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和4年 1月9日

美味いもん処 とーたす

尚、今後営業時間、人数制限等、政府や自治体からの要請があった場合は当ホームページにてお知らせいたします。

何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。



サプライズ

今日、実家の玄関で高校生の甥っ子と鉢合わせました。


私の姿を見るやいなや甥はすかさず2階へ駆け上がり、またすぐに降りてきました。


そしておもむろに何かを手渡します。


「??」

と思い「何?(*^。^*)」と聞きながら袋を開けてみると、星の砂の入った小瓶です。


星の砂

なぜか中学生位の頃を思い出します。

懐かしいな--。


そう思ってよくよく見ると・・・


何ということでしょう!


上の方に2匹のかわいい亀がいるではありませんか。

(ジーン(;_;)


思春期男子、ともすれば親戚のおばさんなんか鬱陶しく塩対応されてもおかしくない年頃なのに。


そう言えば思い出しました。


とーたす=陸ガメだと知ってか知らずか、彼は小さい時から亀のグッズを時々お土産などで買ってきてくれて、今でも店に飾ってあります。


聞けば今回は修学旅行のお土産とのこと。


友達との楽しい買い物中に店のことを思い出してわざわざ買ってきてくれたんだね。


そう思ったらウルときてしまい

日々諸々の些事に追われ余裕をなくしがちな心が温かい気持ちでいっぱいになりました。


ありがとう。

おばちゃん頑張ります(*‘∀‘)~~~


誕生日

10月30日。


今日は美味いもん処とーたすの15歳の誕生日です。


特にこの2年ほどはいろいろなことがありましたが、お陰様で16年目のスタートを切ることができました。


これもひとえにこれまでご来店くださった

また日頃足を運んでくださるすべてのお客様のおかげです。


この場をお借りして、改めて厚く御礼申し上げます。


自分の店を持ち、日々意欲的・主体的・能動的に働けることへの喜びや感謝とともに多くの失敗や後悔、反省を重ね、試行錯誤を繰り返す中で


様々な経験をさせていただきながら何とか今日まで営業を続けてくることができました。


私共の未熟さ、傲慢さ、至らなさによって失ってしまったお客様にはもう二度とご来店いただけないかも知れません。


まさに不徳の致すところでありその不甲斐ない思いを決して忘れることなく16歳、17歳、そして3年後には晴れて当店も18歳の成人ならぬ成店??をご報告できますよう精進していきたいと思っております。


今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


令和3年10月30日

美味いもん処 とーたす




ブログ

ふるさと祭り東京に行ってきました

投稿日: 2017 1月 18、3:49 午前


お正月、親戚に入場券を4枚いただいたので
東京ドームで開催されていたふるさと祭り東京の最終日に

母二人を誘って4人で行ってきました。















想像以上の規模と華やかさ・賑やかさで、会場に入るなり
テンションが上がります。

早速何か食べようと、まずは全て500円で頂けるという
どんぶり選手権のコーナーへ。

私は三河一色産の鰻まぶし丼を注文。












500円ですので小ぶりながらも、柔らかくて本当に美味しかったです。

天丼好きの母小田原黒天丼をペロリとたいらげ

青森県出身の義母は、昨年のグランプリを獲得したという八戸産銀トロサバの丼を美味しいと喜んで食べていました。

マスターは、本当は名古屋コーチンの親子丼が食べたかったようなのですが

私が越前蟹丼と鰻まぶし、どちらにしようか迷っていたら蟹丼を注文してくれました

せっかくの機会なのだから、食べたいものを頼めばいいものを・・・(^^:)


こういう優しいところのある人です

ノロケはこのくらいにして(>v<)・・・


もちろん、丼1杯だけで帰る気など全くなく


私達は、いい機会なのでゆっくり時間をかけて全体をじっくり回りながら色々な物を食べたり飲んだりして、店のメニューの参考にしたいと思って出かけたのですが・・・


あのような場所に年寄りを連れて行くものじゃありませんね。
少なくともうちの母たちは(>v<:)

ちなみに二人の平均年齢は77歳です。


まだ5分の1程しか回っていないのに

「疲れたし、足が痛いからもういいわ」




・・・・・・・( ̄  ̄:)



(そりゃそうだよね。ドーム広いもんね・・・


二人で仲良く椅子に座って、お祭りの演舞をご鑑賞です。


(見て回る気、ないよね)



もちろん、このふるさと祭りは

各地の特産品や名産品だけでなく、全国の有名なお祭りが間近で見られるということも同じくらいのウリだと思うので、それはそれで結構なことなのですが・・・


しかも演舞は本当に、感動して涙が出る程素晴らしかったです。

行く価値、見る価値十分だと思いました。


自分の親でしたら、「じゃあ、そこでゆっくりお祭り見ててね」と放っておいてもいいのですが

やはり、はそういう訳にもいきません・・・
(>v<:)


ほどほどのところで早々に退場することに・・・



結局、現地で飲食した代金より、往復の電車賃の方がよっぽど高くついた1日でした。


結論。


次回からはマスターと二人で行こう。


































































カテゴリー: なし

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

303 コメント